世界史テーマ「ヨーロッパの社会主義国の解体とアジアの社会主義国の転換」

大学受験★世界史 > 世界史 > ヨーロッパの社会主義国の解体とアジアの社会主義国の転換
  1. 1979年にソ連が軍事侵攻し、全土を制圧したのはどこの国ですか。当時のソ連の党第一書記も合わせて答えてください。
  2. ソ連のゴルバチョフ政権下の出来事として誤っている記述を含む文を選んでください。
  3. ソ連の消滅する直前にソ連から独立したバルト三国に含まれない国を選んでください。
  4. 旧ソ連を継承したロシア連邦の初代大統領となったのは誰ですか。
  5. ポーランドで社会主義国として初である労働者による自主的な労働組合であり、ポーランドの民主化運動に大きな役割を果たした「連帯」の指導者は誰ですか。
  6. ルーマニアで独裁政権を築くも、民衆による革命によって処刑された人物は誰ですか。
  7. 1970年代後半にケ小平が中国共産党の最大の実力者となった。ケ小平が行った政策として不適切なものを選んでください。
  8. 天安門事件をめぐる対立から、共産党総書記を解任された趙紫陽に代わって、この職に就いたのは誰ですか。
  9. 1997年にイギリスから中国に返還された地域はどこですか。この地域では社会主義国でありながら、資本主義体制が保障されており、一国二制度が適用されている。
  10. アジアの社会主義国の動向について正しく述べた文を選んでください。

大学受験★世界史大学受験★世界史TOP

(C)ideamix